「釜山」「慶州」「安東」など、地方都市への旅行情報ガイド・・・・・

 

 

 

 

 

 

釜山の観光地「南浦洞・ナンポドン」エリア

 

釜山で最もにぎやかな繁華街

龍頭山公園(釜山タワー)の南側に広がる繁華街で、光復路、PIFF広場、国際市場、ジャかルチ市場あたりの一帯。釜山で最もにぎやかな繁華街。整然と洗練されたショップや最新流行ファッションの街並みで、若者に人気の通りだ。集まる若者もおしゃれな女性やカップルばかりで、ここに来ると釜山での最先端の流行がよくわかる。
PIFF広場の映画館街は、毎年秋に開かれる釜山国際映画祭の会場とも知られている。釜山の代表的な街としてショッピングなどを楽しむ若者や観光客のエネルギーで、常に活気に満ちている。

[エリアガイド]

龍頭山公園(釜山タワー) 国際市場 ジャカルチ市場 南浦洞PIFF広場 近代歴史館

龍頭山公園(釜山タワー)

釜山の中心に位置し、市のシンボル的公園で標高180mの小高い丘全体が公園になっています。
1876年、釜山港の開港の際に造られた公園で、釜山港を見下ろす丘の上にあり、豊臣秀吉の水軍に打ち勝った李舜臣将軍の銅像や花時計があります。
公園の中央には高さ120mの釜山タワーがそびえています。タワーの展望台からは釜山港や周りの繁華街、島々まで見渡すことができ、晴れた日には海の向こうに対馬が一望できます。光復洞からエスカレーターで公園まで上がれます。

住所:釜山市 中区 光復洞2街 1−2番地
TEL:(051)246−8153
タワー入場料:3,500(子供:2,500)
タワー入場時間:08:30時〜20:00時(冬期:09:30時〜20:00時)

ACCESS・・・・・
地下鉄1号線、南浦洞(ナンポドン、Nampodong)駅で下車、7番出口に出ます。正面の横断歩道を渡り、左方向に道なりにまっすぐ行くと右側にLG25というコンビニが出て来ます。その隣に公園にのぼるエスカレーターがあります。

国際市場

国際市場は釜山タワーの西側、光復路と大庁路の間に広がる大規模な市場。韓国戦争時代の軍事物資などを売るヤミ市から発展した市場で、細長い路地に小さな商店が延々と軒を連ねています。
衣料品、日用雑貨、靴、バック、アクセサリー、メガネ、帽子、家電品など、商品はバラエティに富んでいる。思わぬ掘り出し物が見つかることもしばしばだ。片言の日本語程度ならほとんどの店で通じるので、値段の交渉をして見るのも楽しい。市場の路地にはキムパプやチヂミなどを売る屋台も多いです。
光復路、南浦洞PIFF広場、ジャかルチ市場、豚足通りなどと隣接し、街を見回る観光客でいつも賑わいます。細い道が迷路のように入り組んでいるため、迷子にならないよう注意が必要です。

住所:釜山市 中区 新昌洞4街
38番地
TEL:
(051)254−7389、241−4942
営業時間:10:00時〜22:00時(店によって異なる)
休日:年中無休
日本語:可の店もあり

ACCESS・・・・・
地下鉄1号線チャガルチ(Jagarchi)駅で下車、7番出口を出て最初目の角を左に曲がり、まっすぐ進みます。道路の右側の銀行を過ぎて右に曲がって入って行くと国際市場です

ジャカルチ市場

釜山港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類をその場で味わうというのがこの市場での楽しみです。店先の生簀で泳いでいる魚をその場でさばいてもらって刺身で食べることができます。
市場内の問屋では、ヒラメ、タイ、カレイなどが売られており、魚を買って上階にある食堂へ持っていくと希望通りに調理してもらえます。ずらりと並んだ露店商のおばちゃんたちが売るイキのいい魚を見たら、自分で選んだ魚介類の刺身を味わって見るのもよい。
南浦洞の繁華街や国際市場と隣接し、グルメとショッピングが一緒に楽しめます。外国人観光客にとっては庶民的な異国情緒を感じさせる釜山きっての人気スポット。

住所:釜山市 中区南浦洞4街
37−1番地
TEL:
(051)254−2594
営業時間:
10:00時〜22:00時(店によって異なる)
休日:毎月、最終週の火曜日
日本語:可の店もあり

ACCESS・・・・・
地下鉄1号線、ジャカルチ(Jagalchi)駅で下車、10番出口に出ます。出てから農協農産物百貨店の角を右に曲がって行きます。約20M行くと左側に栄進観光ホテルがあるのでそこの角を左に曲がってまっすぐ進むと右側に市場が見えて来ます。

南浦洞 PIFF広場

南浦洞PIFF広場は、毎年秋に開かれる釜山国際映画祭(Pusan International Film Festival)の開場となる広場。映画館やショップがあるほか、食べ物や雑貨などを売る屋台がずらりと立ち並び、いつも地元の人々で賑わっています。広場には、映画祭に参加した世界各国の監督や俳優の手形銅板が埋め込まれています。
この一帯は屋台の種類も様々。軽食からデザートまで揃い、目移りしてしまいます。食事は軽く済ませて、ここでいろんな種類を味わって見るのもいい。この屋台から一品を手に入れて映画を見るカップルが多いです。

住所:釜山市 中区 南浦洞 一帯

ACCESS・・・・・
地下鉄1号線、ジャカルチ(Jagalchi)駅で下車、7番出口を出てまっすぐ進むとロッテリアが見えます。ロッテリアがある角で左に曲がるとPIFF広場です。

近代歴史館

釜山近代歴史館が位置するこの建物は1929年に建築され、植民地収奮機構である東洋拓殖株式会社釜山支店に、終戦後の1949年7月からはアメリカ海外公報のアメリカ釜山文化院に使用されました。
外勢進駐の象徴だったこの建物に対して釜山市民はアメリカ政府に常に返還を要求、1999年4月にアメリカ文化院が完全に撤収し、韓国政府に返還されます。その後、激動の近・現代史を知らせる教育場として活用するため、2003年7月に現在の釜山近代歴史館を開館しました。
釜山の近・現代史を一目に理解できる遺物216点をはじめ、映像物、模型などの展示物が2階と階に分けて展示されています。

住所:釜山市 中区大庁洞2街 24−2番地
TEL:
(051)253−3845
入場時間:
09:00〜18:00、(11月〜2月)09:00〜17:00
入場料:無料
休館日:1月1日、毎週月曜(月曜日が祭日の場合、翌日休館)
http://www.museum.busan.kr/jp/main.html(日本語)

ACCESS・・・・・
地下鉄1号線、中央洞(ジュンアンドン、Jungang-dong)駅で下車、5番出口に出てまっすぐ進みます。約5分ほど歩くと左側に釜山タワーの入口が出て来ます。入口のすぐ横に博物館が見えます。

[南浦洞エリア観光マップ]

 

・・・・・世界文化遺産の都市
[慶州・ギョンジュ]

All Contents Copyright @ 2004 by tabijin.com All right reserved
E-mail :tabi@tabijin.com